2018年02月12日

冬でも眠っている間に

全国的に雪がちらつく祝日の寒い朝でした。

ここ和歌山市内も今、ちらちら小雪が降っております。

随分冷え込んだ昨夜
あまりに寒かったのでいつも着ている綿の接結パジャマからポリエステルのふわふわパジャマを着て寝ました。

着た瞬間
ポリエステルなので綿のヒヤッと感はなく
すぐにぬくぬくですが。。。。

夜中に汗をかいた不快感で目を覚ましてしまいました。

普段、綿の接結(生地が二重)パジャマを着ているので寝ている間に汗をかいても綿が吸ってくれているのでしょう、汗の不快感で目が覚めることはありません。

ポリエステルは肌ざわりもよく暖かいのですが汗を吸うのが苦手なのです。

なので汗が、ヒヤッとして目が覚めてしまったのです。

慌ててタオルで汗をぬぐい
いつもの綿の接結パジャマに着替えました。

それからは朝までぐっすりでした。

人は寝ている間にもコップ一杯ぐらいの汗をかくと言います。
それを寒いこの季節ではあまり実感がわきませんが
昨夜は、「こんなに汗をかくものなんだ」
とびっくりしました。

それでも寒がりの方にはポリエステル素材のパジャマが人気です。

当店ではポリエステル素材を使った物でも「お肌にあたる生地は綿100%」
というあったかパジャマが人気です。

写真のパジャマ




三層になっていて真ん中には薄いポリエステル綿が入っていますがお肌に当たる裏面は汗を吸ってくれる綿素材100%の生地が使われています。

このパジャマなら汗を吸ってくれるので朝まで汗で起こされることはないかと思います。

今なら30%OFF
紳士、婦人ともまだ少しございます。

パジャマ
寝具のお問い合わせ、ご相談 お電話でも承っております。

073-422-2105 「さいまん」へどうぞお気軽にお電話下さいませ。

10時~18時
火曜日定休

  


Posted by さいまん at 11:39Comments(0)パジャマ

2017年07月22日

Discover Japan に「山荘 天の里」掲載

書店でなんとなく本をみていたところ大好きなDiscover Japanを発見

厳選「ニッポンの一流ホテル&名旅館」の文字にくぎつけ!!!

その中に「山荘 天の里」を見つけ更にテンションマックスです。


「山荘 天の里」様には寝具の一部とパジャマと館内着を納めさせていただきました。



島精機元社長夫人 故・島和代様に

フォルテワジマでお声をかけていただき

「さいまんさん、パジャマ作っていただけませんか?」

と言われた時の驚き!!!!

今でもその時の光景は忘れません。

商店街のアーケードを小走りで駆け抜け、店に飛び込みシャチョウに報告!!!



次の定休日に建設中のまだ雪残る高野山の麓、天の里めざしました。

お話を頂いたのが2月、完成は4月(@_@)

建物も凄い数の職人さんたちが工事されていました。

先ずは建物から館内着のイメージを起こしたかったので現地に走ったのです。


パジャマはお部屋で着る物

しかし館内着はお食事の際お客様がお召しになる物。

野暮ったくはしたくないし・・

建物のイメージとのバランスも大事だし・・・」


設計にあたられたアーキヴィジョン広谷スタジオ
http://archivision-hs.co.jp/

広谷先生に建物のイメージパースを送っていただいたり・・・・

初めての事にてんやわんや(笑)

広谷事務所の方々には見積もりの段階で大変お世話に・・・ご迷惑をおかけしました(うちのシャチョウ、見積もりをイラレで作って送っていたという(@_@)・・・再見積もりを私が作った時その事実を知り驚く( ;∀;))

よくぞこんな私たちに根気よくお付き合いいただきました




さあ!!!

デザインを決める

縫製工場探し

生地探し

納品まで二カ月(@_@)

完全オリジナルで大量のパジャマ、館内着数百着!!!



これは自社で縫製工場でも持っていない限り無理です。。。

でも期限の4月に納めさせて頂けたのは以前よりお付き合いのあった京都の工場さんのお蔭でした。

こちらの工場さんはオリジナル生地で寝具関係の商品を作っていただいていたので出来たこと。


生地も建物のイメージパースを見せていただいてから一つに決めておりました。

「リネン」・・・麻です。

前置きが長くなりましたが

納めさせていただいた館内着がこちらです




天の里様が掲載された雑誌とともに・・・


何度も試作品を作っていただき、

色の選択ではシャチョウの意見を聞かず強行にこの紫色に拘り

出来た館内着は今でも店内に展示しております。

麻は使って行くうち色は褪せて行きますが、また独特の風合いを出してくれます。

洗濯にも強く天然素材の中では一番強度があります。

ゆえ・・・お値段はお高うございます。

発注元の故・島和代様に恐る恐るお見積りを出したところ

「ええもん作って!!」と一言

当時の私の知識と2カ月の期間でできる最高の物を必死に作らせて頂きました。

シャチョウの「そんな色・・・・」と言われたこの色

お店に置いているもう一色の生成りよりこちらの色の方を誉めてくださるお客様も多いです。


山荘 天の里  http://amanosato.com/

今年からグランピングの施設もできたとか


開祖1200年の高野山の麓 

1700年の歴史を育む丹生都比売神社も近いです

是非一度お運びくださいませ










  


Posted by さいまん at 11:27Comments(0)パジャマ

2017年03月17日

毎日放送 せやねん!で紹介された フワフワ ワコール ふわごころパジャマ

昨年のワコール展示会で衝撃の出会いでした・・・


ワコール人間科学研究所の眠っている間のからだの特性研究をもとに

“動きのここちよさ”

“温度のここちよさ”

“肌へのここちよさ”

の3つの“ここちよさ”を形にし、“眠りここちにこだわるパジャマ”をブランドコンセプトとしている「睡眠科学」


その「睡眠科学」からなんともふわふわの柔らかいパジャマを展示会でみつけました。


一見ポリエステル

一瞬触ってもポリエステルのような感じ・・・



それが綿100%と聞いて驚きました。


何でも他の綿花に比べて天然油脂分が多く、


独特のしなやかさを持つインド綿の超長綿「ラムコ®」糸使用。


細い繊維を使うことで、生地そのものを柔らかく、しなやかな風合いになっているそうです。


特殊な仕上げ加工で、

まさにホイップクリームのようなふんわり感。


一度お手に取って感じてみてくださいね!!!

毎日放送 せやねん!で紹介されました!!!


和歌山市ぶらくり丁 さいまん


お問い合わせ電話  073-422-2105  さいまんまで







  


Posted by さいまん at 15:56Comments(0)パジャマ

2017年02月15日

リサ・ラーソンのパジャマが入荷!!

リサ・ラーソンのパジャマが入荷いたしました!!






北欧の人気陶芸家リサ・ラーソン(1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれ)。


動物や子供たちをテーマにした彼女の作品は、ほのぼのとした温かみと少しとぼけたユーモアが感たっぷり。


今年の春夏の新作リサ・ラーソンのパジャマ(長袖)Mサイズレディースのみ¥8.900+tax


ブルーとレッドの二色ご用意しております。


昨年の店頭はマタノアツコ一色でしたが今年は北欧テイストも少しづつ増やしていこうと思っています。


春先の店頭をお楽しみにface02





  


Posted by さいまん at 14:47Comments(0)パジャマ

2016年11月20日

NOWHAWのパジャマ

「NOWHAW」(ノウハウ)っていう面白いパジャマを見つけたんですよ~~~



とあるパジャマメーカーの担当さんから伺ってフェイスブックで探したのが3年ぐらい前でしょうか・・・・


「これがパジャマ!!!!!」

デザインの可愛さに一目ぼれしてしまい、すぐさまフェイスブックのお友達申請をしたことを覚えています。

もちろん初めましてのメッセージを添えて・・・・・



そしてNOWHAWの十河さんから丁寧なお返事をいただきました。

その十河さんはこの方です↓↓↓↓↓




東京目黒で行われたPAJAMA EXHIBITION会場でドキドキの初対面・・・・がつい昨日の事のようです。



それから何度か遠く離れた和歌山迄、ご家族で来てくださったり。

始めは本当に一枚、二枚のお取りお引きからお願い致しまして

今ではネットの方で販売もさせていただける数もご用意できるようになりました。




ネットでのお買い物はこちらから↓↓↓↓↓

http://item.rakuten.co.jp/futonhouse/day-pajama-denim/


そして・・・・なんとこの素敵なパジャマは

安藤忠雄氏設計の

「瀬戸内リトリート 青凪 」のパジャマに選ばれたのです。

着々とNOWHAWの世界を広げておられる十河ファミリー

次回和歌山へ来られて折には

和歌山城と和歌山自慢の海にご案内したいと思っております。







  


Posted by さいまん at 16:22Comments(0)パジャマ